性能

SPEC


デザインがたとえ格好良くても

そこに住まう家族が健康でなければ意味がありません。

快適に、健康に、暮らすためのONE'S HOMEならではのこだわりがあります。

快適に暮らしていただくために。

 

“夏涼しく冬暖かい”快適な家づくりの基本は断熱と気密にあります。断熱と気密は一体であり、双方を高めることで保温性が向上します。自然の風や光、熱を取り込み、それらを最大限に活かす事ができるのも、確かな保温性能が大前提です。また、保温性を高めることは、暖冷房による消費エネルギーの削減となり、環境にも家計にも優しくなります。

カントリー調のダイニングキッチン
家族団らんの写真

高気密高断熱

 

お家の外周部、屋根面の断熱材には硬質ウレタンフォームの断熱材を標準採用しています。現場吹付施工で約100倍にまで膨張し、すみずみまで充填され固まります。施工が難しいとされるコンセントや配管まわりは、大工さんの腕により断熱材の隙間が生じやすく、気密性の低下や結露の発生を誘発します。現場吹付施工タイプの断熱材で隙間なく充填し、保温性を確保します。

吹付断熱の施工写真
吹付断熱の施工写真

高性能サッシ

 

夏に室内に流れ込む熱の70%以上が窓から入り込み、冬にエアコンで暖められた熱の約半分が窓から失われていきます。断熱性能を大きく左右する窓サッシ。熱の出入りが多いと結露の原因にもなり健康的にもよくありません。快適な住まいの実現のために高性能な樹脂+LOW-Eガラスを採用。ペアガラス(複層ガラス)に赤外線や紫外線を反射する金属膜をコーティングしたLOW-Eガラスが、熱の浸入を防ぎます。さらに、意匠性を大切にし、フレームを極小化したデザイン性の高いサッシを採用しています。

開放的な掃き出し窓の写真
夜の内観写真

パッシブデザイン設計

 

太陽の光や、風、水、地熱などの自然エネルギーを最大限活用する設計手法です。東三河地域では、夏は70度、冬は30度の角度で日が差し込むので、冬は取得し、夏は遮蔽するように庇を調節。四季で変わる風向きに対して、立地や環境を計算することで自然風を取込み、吹抜けや窓の配置をデザインして上手に昼光を利用します。

レッドシダーがアクセントのLDK
中庭の見えるダイニング

24時間熱換気システム

 

 

自然の地中熱を利用した24時間換気システムを採用。地中熱を利用しているので熱と湿気を帯びた外気をいったん床下に取り入れ、基礎の中にある全熱交換器で家の中の温度に近づけてから室内に給気を行うので冷暖房効率よく無駄になりません。1年を通して快適な温熱環境で過ごせます。また、外から空気を取り入れる給気口には高性能花粉フィルターを搭載。アレルギー症状を増やす花粉やカビ、ダニなどの汚れた空気を約99.8%除去してくれます。日本人の3人に1人がアレルギー体質と言われる時代。家の中のアレルゲン物質除去も快適な暮らしに大切なことです。

 

自然素材で健康に遊べる
吹き抜けから見える家族団らんの写真

健康に過ごせる自然素材

 

自然素材を随所に取り入れた、素材の質感や表情を感じる住まいを実現しています。純粋な素材本来の温かさに包まれ、肌になじみ体にやさしく、人と共に時を刻んでいく。長く住み続ける中で家の変化を楽しめるのが自然素材の醍醐味です。天然ミネラル系の左官塗り壁の仕上げ材は吸湿性やにおいの吸着を防ぐなど効果を発揮します。無垢板は自然由来の塗料を使用し、「素足で暮らしたい」というお客様に快適な肌触りを提供します。