ワンズの保証


家を建てている間も、引き渡し後でも気になる保険と保証のご案内です。

建設工事保険

着工からお引渡し日まで全ての建物が加入しています。(建物の建築工事期間中)

工事現場における「不測かつ突発的」な事故による損害に対して保険金をお支払います。

たとえば・・・

  • 火災、落雷、破裂、爆発による損害
  • 風災(台風、せん風、暴風など)による損害
  • ひょう災による損害
  • 車両の衝突、航空機などの落下による損害など

万が一、工事中に火災があった場合は、火災発生前の工事状態まで戻すに必要な費用が支払われます。

完成後の火災保険は、基本的には任意となっております。

地震や強風など、昨今では予測不能な自然災害の多発から、お客様のほとんどが加入されています。

そのため、ワンズホ-ムでは、火災保険の加入を勧めております。

地盤保証

地盤保証で地盤に加え建物の不具合の保証をしています。  

 

地盤に適合した基礎の仕様を提案するために、全ての現場に地盤調査を実地します。

地盤調査後、地盤改良が必要ない場合は、地盤保証の保証書を発行します。

また、地盤の解析結果により沈下の可能性が認められた時は、地盤改良後に保証書を発行いたします。

 

地盤解析結果に基づいた最適な基礎工事施工、建築後の不同沈下などの補償をいたします。

具体的には以下のような保証となります。

  • 不同沈下の再発を防ぐために必要な地盤補強工事
  • 不同沈下に起因した建物を現状回復させるために必要な工事
  • 仮住居費用

地盤保証に関しては、地盤の不同沈下に起因する建物の損害対し、一事故につき、5,000万円 まで保証します。

住宅瑕疵担保責任保険

ワンズホ-ムでは、新築住宅を建てるお客様を守るために、国が定める第三者による保証機関(国土交通大臣指定住宅瑕疵担保責任保険法人)に加盟しています。

建築中はこの保証機関がお客様に代わって家の構造や雨漏りなどの施工をチェックしてくれます。

 

保証対象は、「住宅の構造耐力上主要となる部分」および「雨水の侵入を防止する部分」に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲となります。

 

お支払する保険金の種類

  • 直接修補費用保険金=住宅を修補するために必要とされる材料費、労務費、その他直接費用等
  • 損害調査費用保険金=修補の必要な範囲、修補方法および修補費用を確定するための調査に要する費用等
  • 仮住居・転居費用保険=修補期間中に、転居を余儀なくされた住宅取得者の宿泊、住居賃貸、転居に要した費用等

保険の加入手続きは、ワンズホ-ムが行いますので、お客様が手続きする必要はありません。

住宅設備あんしん5年保証

お引渡しから5年間、IHや水栓などの設備機器の不具合や故障について保証させていただきます

(一部免責有り・一部対象外有り)