ワンズホームのコンセプト


ワンズホームでは、単なる家づくりではなく、間取りや動線にこだわるのはもちろんのこと、、日々の生活を彩る内装や外観、住んでからのメンテナンス費用を抑えた住まいを提案します。

家を手に入れてからのコストを考えた家づくり

◎イニシャルコストより、ランニングコスト

買い物をするときに、どうしても目先の費用(イニシャルコスト)に捉われて高い・安いを判断してはいませんか?

特に家は、30年・40年と長く住み続ける上で、日常掛かる光熱費や時にはメンテナンスなども必要になったり、建ててからも費用(ランニングコスト)が掛かります。

ワンズホームでは、お客様が生涯掛かるランニングコストの面で最も良い家づくりを追求し続けています。

①耐用年数の向上

耐用年数は住宅のコストを考える上で非常に重要になってきます。

例えば外壁にはメンテナンスが欠かせません。一般的に採用されている外壁はサイディングです。サイディングの表面や継手に使われるコーキングは、太陽の日差しや雨風にさらされて10年後には塗り替えが必要になります。

塗り替えには足場も必要となり、その費用はざっと100~150万円です。

 

40年後のランニングコストは、150万×4回=600万円となります。

 

ワンズホームでは標準仕様に塗り壁+ガルバニウム鋼板を採用しており、耐用年数はおよそ20年となります。

 

40年後のランニングコストは、150万×2回=300万円となります。

 

その差何と300万円!!

 

②光熱費の削減

総務省統計局の家計調査(2015年)によると4人家族の年間の電気代は142,116円と40年では何と約570万の支払いが発生することになります。同じ支払うのであれば設備性能や断熱性能を上げることで光熱費も削減することができ、快適な住環境を手に入れることも可能です。

 

より快適に過ごせて、光熱費が0円になったらお得だと思いませんか?

ゼロエネルギーハウスは断熱性能を上げて、冷暖房費を少なくするということが基本的な考え方です。

高効率のエコキュート・節水機能の付いた水栓・トイレ等により給湯エネルギーを少なくする。

その上で太陽光発電システムにより電気を創り、収支をプラスマイナス0する住宅。

HEMS(使用電力の見える化)により、家族のエコ意識を高めます。

さらには自然エネルギーを最大限取り入れたパッシブデザイン住宅。地球にもお財布にも優しい住宅を目指します。 

 

◇ゼロエネルギーハウスの光熱費シミュレーション(30~35坪くらいの家の場合)

 

<一般的な家の光熱費>

一般的に家庭で使われている光熱費とはどのくらいでしょうか?電気代+その他の光熱費で1か月あたり冬は23,000円~28,000円ほど、夏は13,000円~18,000円ほどといわれています。

つまり年で平均すると約21,000円ほどといえます。

 

<ゼロエネルギーハウスの光熱費>

太陽光と売電した電気の価格を差し引いて考えると、ゼロエネルギーハウスは1か月に平均して光熱費としてはマイナス7,000~8,000円となります。ゼロエネルギーハウスは売電価格が光熱費を上回る可能性が高いのです。

つまりは、7,000~8,000円の収入となるのです。

 

<一般的な家とゼロエネルギーハウスの光熱費の差>

一般的な家で使用される光熱費は年間にして約25万円ほどになります。それに比べてゼロエネルギー住宅の場合は、年間約マイナス9万円(9万円の収入)となります。

 

25万円(一般的な家の光熱費)-(-9万円(ゼロエネルギーハウスの光熱費)=34万円

 

つまり年間で34万円ほどの差が生まれます。

 

<35年間で見るとどうなるか?>

家の住宅ローンはたいていの場合、35年間のローンで組まれています。ローンを返し終わるまでで考えると・・・

 

34万×35年間=11,900,000円と、とても大きな金額になることが分かります。

 

もちろんゼロエネルギーハウスにする為に太陽光や設備や断熱性能のグレードアップなど初期投資は掛かりますが、結果的にお得なお買い物となることが多いのです。

 

ワンズホームの3つのこだわり



1.デザイン

私たちの仕事は単なる「家づくり」だけではなく、間取りや動線にこだわるのはもちろんのこと、おうちの顔である外観や日々の生活を彩る内装に至るまで総合的にプロデュ-スを行うこととしています。

「普通の家」ではつまらない。弊社では既製品の部材で組み合わせた家ではなく、造作に手間を惜しまず創り込むことを大切にしています

お客様とのお打合わせをもとに、お客様にあった「オンリ-ワンの住まい」をこれまで培ったノウハウで提案致します。

 

 

外部の設計士に依頼

一生に一度のマイホ-ムなのですから、こだわりをとことん追求した家を創っていきたい。

そんな想いから、ワンズホ-ムでは注文住宅を建てる場合、外部の設計士に依頼をしています。

外部の設計士であれば施工が難しいなど、社内の利害関係に影響されることがなく、設計に特化した提案が可能となります。

ワンズホームのこだわり、パッシブデザイン

「パッシブデザイン」とは特別な機械を使わず、太陽の光や、風、水、地熱などの自然のエネルギーを活かして「快適な暮らしを設計する」ことを言います。

 

今の省エネ住宅は、高気密・高断熱化が進み、太陽光発電・スマートハウスなど多種・多様となっております。ワンズホームでは、さらに「自然エネルギーを効率よく活用」する上で建物の間取り・構造・材料について設計段階で検討・工夫することで、地球にもお財布にも優しい住宅(パッシブデザイン)をご提案致します。

パッシブデザイン
パッシブデザイン

◎太陽が高い夏の日差しは軒や庇で遮り、室内に熱を伝え難くします。

◎太陽が低い冬の日差しは大きな窓を南に設け、室内に取り入れることで部屋を暖かく保ちます。

◎窓の大きさや位置計画により人工照明に頼らず、室内を明るく保ったり、西日を防いだりします。

 

「パッシブデザイン」はメリットがいっぱい!!

 

・暖房器具の利用が最小限で済む為、光熱費が大幅に削減されます。

・暑い夏の時期も寒い冬の時期も快適な春・秋の室内環境に近づきます。

・室温や湿度が安定しヒートショックが起き難くなります。

・自然エネルギーを利用する為、風邪をひき難くなります。

 

2.高性能エコ

住宅はそれだけでも一生のうちで一番高い買い物ですが、残念なことに建ててしまったあとにも光熱費などのランニングコストが掛かります。ワンズホ-ムの提供する高性能住宅は建ててからのお客様の負担を少しでも軽減する為に高気密・高断熱・高遮熱仕様にこだわり、少ないエネルギ-で光熱費を抑えることが可能となります。

また、当社では換気にもこだわりをもち、お客様のご要望により、室内外の温度差を小さくする為の「熱交換」を行い、新鮮な空気を取り入れる為の「高性能花粉フィルタ-」を備えた換気システムもご用意しております。

◇断熱・気密

断熱性・気密性を高めると快適な住環境を維持できます。

日本においては良きも悪きも四季があり、高温多湿で蒸し暑い夏、厳しい寒さの冬など気候の変動の中で暮らしていかなければいけません。

ワンズホ-ムではどの季節でも快適な環境で暮らして頂けるよう、高気密・高断熱のお家づくりをしています。

 

お家の外周部、屋根面の断熱材には硬質ウレタンフォ-ムの断熱材を使用。現場吹き付け施工で約100倍にまで膨張し、すみずみまで充填され固まります。全体にウレタン断熱材をまとうことで、お家がいわば「魔法びん」のような状態になり、外気温の影響を受けづらくなります。

 

素材そのものが防露性に優れており湿気にも強く、長期に渡って高い断熱性を期待できるのが特徴です。お家を建てた当初だけではなく、お住まい頂いてからもずっと断熱性能の高さを感じて頂けることが何よりも大切だとワンズホ-ムでは考えます。

 

断熱性・気密性を高めることで、少しのエアコンの働きでも快適な温熱環境を維持することができ、毎月の光熱費の心配も減り家計も安心。24時間換気システムとの相乗効果で、一年を通じてずっと快適な室内環境で暮らしを楽しめます。


◇サッシ

熱の出入りが最も多いのは開口部(窓)なんです。

夏に室内に流れ込む熱の70%以上が窓から入り込み、冬にエアコンで暖められた熱の約半分が窓から失われていきます。だからこそ、窓の断熱性を高めることが、快適な暮らしの為には重要なのです。そこでワンズホ-ムでは樹脂サッシ+Low-Eガラス をご提案し、より高い断熱性のお家を目指しています。

 

樹脂サッシは室内外の温度差による結露の発生を抑え、結露が原因で起こるカビの発生やクロスなど内装材の劣化も防ぐことが出来ます。

 

さらにガラスは複層ガラス(ペアガラス)を採用しています。2枚のガラスの間に設けられた空気層により断熱効果を上げています。

また、室内側のガラスには、赤・紫外線を反射する金属膜をコ-ティングしたLow-Eガラス 使用。

夏は外からの熱の侵入を防ぎ、冬は室内の熱を外に逃がさない、遮熱効果の高いガラスです。

 

熱の出入りが多い開口部に樹脂サッシ+Low-Eガラスにすることで、屋根・壁の断熱材と合わせ 、家全体で快適な住環境を維持することが可能になります。

 


◇換気

ノンアレルギ-で暮らせる、お財布にも優しい換気システム

ワンズホ-ムでは、自然の地中熱を利用した24時間換気システムを採用。新鮮な空気を効率よく室内に取り入れます。

例えば真夏の暑い日、外の空気をそのまま室内に取り込んでしまっては、せっかくエアコンで冷やされた室内の空気の温度がまた上昇してしまいます。

地中熱を利用した換気システムは、熱と湿気を帯びた外気をいったん床下に取り入れ、基礎の中にある全熱交換器で家の中の温度に近付けてから室内へ給気を行うので、エアコンも効率よく無駄になりません。

冬の寒い日は、その反対で家の中に冷たい空気を入れることなく暖房の効率が高まります。

つまり、一年を通じて快適な温熱環境で過ごせます。その上省エネでお財布にもやさしい家計を預かる奥様にも嬉しいシステムです。

 

ご家族の健康面にも配慮しており、外から空気を取り入れる給気口には高性能花粉フィルタ-を搭載し、花粉を約99.8%、ダストを約95%、PM2.5を約98%キャッチします。新鮮で清浄な空気だけを床にある給気口からお家の中に送り込み、アレルゲン物質を持ち込みにくい仕組みになっています。

 

また、ダニやホコリ等、お家の中で発生するハウスダストは、床上30cmの空間にそのほとんどが浮遊していると言われています。

それはまさに赤ちゃんや小さなお子様の目線の位置、そして私たちが布団で寝るときの枕の高さ。換気システムの排気口は各部屋の床面にあるので、この床上30cmに溜まるハウスダストをすばやく確実に除去してくれます。

 

いまや日本人の3人に1人がアレルギ-体質だと言われる時代。お家の中のアレルゲン物質をいかに除去するか。快適な毎日の為にはとても大切なことなのです。

3.自然素材

ワンズホ-ムでは本物志向のお客様に対し、「塗り壁」や「無垢板」など豊富な自然素材を提供できる商品を準備しております。

天然ミネラル系の左官塗り壁仕上材は吸湿性やにおいの吸着について効果を発揮します。無垢板は自然由来の塗料を使用した豊富なラインナップより、デザインにも配慮。「素足で暮らしたい」というお客様に快適な肌触りを提供いたします。

 

塗り壁(ヘルシ-カラ-)

珪藻土を主成分にした内装用塗り壁材です。

24色からお好みの色を選べます。


「素足で暮らしたい」というお客様にお勧めしているのは杉の床材です。



杉よりも堅い桜も人気の床材となってきました。


栗の床材を天然由来の塗料で塗装した例。

独特の風合いがでます。


建具

住空間の印象を左右する建具。

無垢の木がリビングや子供部屋を優しく彩ります。